ポケビ復活

24時間テレビポケットビスケッツが一夜だけ復活しました。僕は今年の春頃、ウリナリにハマって動画をたくさん見ました(その後内Pに移行したわけですが)。その中には当然ポケビの動画も含まれており、署名運動なども追体験したわけで、こういった企画ではありがちの"復活"がポケビに関しては(千秋が単独でポケビの歌を歌うことはあったにしろ)今まで一度もなかったそうなので、今回のことは素直に嬉しいです。しかし一方で一抹のさみしさを覚えてしまうのは、過去の栄光をまるで無視した形で現役として活動しているから格好いいのであり、こうして過去を振り返るように"復活"するのを見ると彼らもいよいよ折り返し地点に入ったのだという気がしてしまうからです。そう言えばウッチャン(TERU)には語尾に「ダニ」をつけたまま話していて欲しかったです。

ポケビの復活を知らされていなかった南原の反応もとても良かったですね。最初は怪訝そうに凝視、状況を把握して喜びを抑えるも、とうとう口ずさみ始めてしまう南原。いや個人的な好き嫌いはありますが、南原はとてもいい人だと思いますよ。ウッチャンナンチャンがコンビで揃うことも最近ではレアなわけで、そういった意味でも貴重です。ウッチャンが南原相手だと口数が少なくなるのも良いですね。南原がウッチャンと久しぶりに会って嬉しそうなのに対してウッチャンはそうでもなさそうで、すぐにテレビ用の演技に入ってしまうところも良い。しかしウンナンファンにはおなじみの出川が今回に限って言えば邪魔であるのは、出川がウリナリメンバーではないからでしょう。ポケビの復活を事前に友人であるウッチャン・千秋・ウド鈴木から知らされていなかったと出川は言っていますが、ウリナリメンバーではない出川に伝える筋合いがないわけです。南原に伝えなかったのはサプライズの意図があったからだと思いますが。他の見どころとしては嬉しそうにしている水卜ちゃんで、ポケビの演奏が終わると南原の背中を押してウッチャンと一刻も早く引き合わせようとするところは微笑ましいものがありました。

ブラビの復活は無理でしょうね。ポケビのように現在でも全員が揃うことが珍しくない3人と違って、ビビアンはそこまでお手軽に呼び出せないでしょう。ビビアン・スーが一人で歌っているところは見たことがありますが、アレンジを随分と変えたもので、こういうのは悲しいですね。そう言えばビビアンはネットで怪しげな広告に出ていますね。

余談ですがポケビ最終章の動画はまだ見ていません。加えてウリナリ後期の動画も見ていません。僕は内Pが好きですが、内Pメンバーである大竹やゴルゴが出演するウリナリは、ウリナリという感じがしないので嫌いです。